あれ?こんなところに?気になるいぼの切除方法を紹介

鏡を見る女性

病院の選び方

いぼ切除をする病院は慎重に選びましょう。自分が気持ちよく治療を受けられる病院を探すことが重要です。まずはインターネットで病院の情報を調べて比較してみましょう。初診を受けてみるのが一番です。

詳しく見る

カウンセリング

自宅で治療する場合

いぼが気になるけれど、病院に行くのは面倒という時に自宅で治療できたらと思いますが、自宅でいぼを治療したり、切除したりするのは危険が伴います。市販薬であってもそのいぼに合っているかは分からないのです。

詳しく見る

顔に触れる女性

診療科と治療法

いぼ切除したいけれども病院でいぼ切除するためにはどこの診療科に行けばよいのでしょうかまたいぼ切除に対して保険適用されるのでしょうか気になるいぼは切除してしまいたいものですが、どこの診療科で切除できるのでしょうか

詳しく見る

いぼの基礎知識

注射を打つ人

いぼの治療をしたいと考えている人は、いぼができる原因を知っておけばいぼの治療がスムーズに進めることができます。そもそもイボというものはなぜできるのでしょうか。イボにはウイルス性のいぼと老人性のいぼの2種類のイボがあるのです。ウイルス性のイボというものは、ヒトパピローマウイルスという目には見えないくらいの小さなウイルスに感染することによっていぼができてしまうのです。このヒトパピローマウイルスというウイルスは、100種類以上存在しており、その種類によって症状や感染する部位が違っています。このヒトパピローマウイルスに感染する原因は、人の粘膜を介して、身体の侵入して発症するのです。そのため、健康的な皮膚であればウィルスの侵入は無いのですが、皮膚に傷口が塞がっていないような傷があるとこのウィルスの感染に注意する必要があります。特に商業施設のような、多くの人たちが利用するドアノブやプールの水といったような場所には、このウイルスは付着して行っている可能性があるのです。そのため、なるべくそのようなものには触れないように努力することが大切です。特にプールは要注意なのです。多くの人が素肌を露出していることから、ウイルス感染の経路として格好に良い条件を備えているからなのです。そのため、そのようなプールに行くとき皮膚に傷口がある場合には、絆創膏やテープを巻いてウィルスの侵入をせくようにした方が良いでしょう。このヒトパピローマウイルスというウイルスは、非常に小さいことから基本的にはどのような場面でも感染する可能性が高いことから、油断は禁物なのです。その一方で老人性の場合には、主な原因として、肌の老化によって発症するのです。この老人性のいぼの治療にはお肌に負担の少ないレーザー治療を推奨します。お肌の老化というものは個人差があるものです。しかし人間は歳を重ねると必ず老化現象が起こるものです。紫外線にあたりすぎると肌細胞が破壊されてしまうことからイボができやすくなってしまうのです。そのため、外出する時などは日傘やカーディガンなどを羽織ることによって紫外線対策をするようにした方が良いでしょう。しかし、首や顔は基本的に露出している時間も長く隠すことが困難な部位でもあるため、例えば大きな帽子やマスクなどを活用して紫外線対策をするようにしましょう。紫外線対策はいぼ以外にもしみやシワを防ぐ意味でも効果的ですので、しっかりしていきましょう。できてしまったいぼは早めに切除することが大切ですよ。