あれ?こんなところに?気になるいぼの切除方法を紹介

自宅で治療する場合

カウンセリング

いぼの治療方法というものは、市販の薬で治療する方法と、病院に赴いて治療する方法があります。市販薬で治療する場合には、直接肌に塗るタイプや内服薬を服用するタイプなど様々な種類があります。また、肌に直接貼るような市販薬の場合には、多くの場合サリチル酸が含まれているのです。このサリチル酸は皮膚を柔らかくする作用があることから出来たいぼが除去しやすくなるのです。 しかしこのサリチル酸にはとても強い成分が含まれていることから、顔や首などの皮膚の薄い部分には使用することができないのです。さらにいぼにも種類があることから、自分の1部に効果があるかどうかを判断することが難しいため、あまりこのようなサリチル酸を含んでいる貼るタイプの市販薬をいぼの治療に使うのはお勧めできません。その他には内服薬によって、いぼを除去する方法もあるのです。そこで有名な内服薬として、ヨクイニンというものもあります。このヨクイニンには、身体の免疫力を高める作用があり いぼの原因となるウイルスの力を強める働きがあるのです。しかしこのヨクイニンによる治療方法もいぼの種類によっては効果が出ないことがありますのでまずは医師に相談することを推奨します。そのため自分の症状を医師にしっかりと診察してもらい最適な治療方法でいぼの治療するのがスムーズに治る可能性が高くなるのです。気になるいぼができてしまった場合には、自分にとって最も適切な病院に行くことが大切なことになります。単なるいぼがと思っていたとしても、悪性腫瘍だったというようなこともあり得るからです。 病院ではできたいぼの状態や程度に合わせて、治療方法が違ってきます。液体窒素やレーザー治療もしくは塗り薬による治療方法などがあり場合によっては麻酔をしてハサミやメスを使った手術などの治療することもあるからです。さらに治療によっては保険が適用される場合と保険適用されない場合がありますので、治療費用も含めて医者と良く相談するようにすることが大切なことになります。前述のようにいぼを自分で除去する方法はあります。たとえばハサミや糸で切ってしまえば良いのです。しかしそのような自己治療を行うと大惨事になるリスクが非常に高くなります。そのためいぼの自己治療は絶対にやめるようにしてください。それではどうして自己治療やってはいけないのでしょうか?最初にお伝えしたい事ですが、いぼの自己治療をしても何も得がないからです。たとえばハサミでいぼを切断する場合それは医療行為ではなく、自分自身でやったことなので自己責任になってしまいます。そのため、いぼに関する知識がないまま、邪魔だからという理由で勢いよく切断してしまうと出血が止まらなくなってしまう場合もあります。そしてそのまま病院に担ぎこまれることになりかねません。事故自己治療で誹謗切断した結果、二次災害にやってしまうことなんて言うことが数多くあります。また傷口から病原菌が感染してしまったといったような被害も実際にあるのですちなみに危険ないぼと危険でないいぼの見分け方はご存知でしょうか?実はそのポイントは2つあるのです。それは色とサイズなのです。素人目には良性なのか悪性なのかわからないことがほとんどですが、そのポイントをしっかりと見極めることができれば良性なのか悪性なのかどちらのタイプなのかを判断することも可能になるのです。1つ目の判断基準はいぼの色なのですがこの色の判断のポイントはわかりやすくいぼの色は濃く真っ黒であれば悪性の可能性が高いと言えるのです。もしイボの色が肌の色や少し褐色気味であれば正常範囲内という判断になります。悪性の場合にはいぼの真ん中から黒色が広がっていくため悪性であることや、わかりやすいといえます。2つ目のポイントはいぼのサイズです。元々小さかったいぼが気がついたら大きくなっているといったようなこともよくあります。通常の1部はゆっくりと大きくなっていくものですが悪性の場合には急に大きくなっていることがあるのです。この大きさの基準ですがおおむね6センチから7センチと言われているのです。いぼの大きさと色をしっかりと意識してチェックするようにしましょう。ただ正常範囲内の1部であっても注意深く常に確認することが大切です。しかし、これらはあくまでも判断するための基準の1つに過ぎません。そのため決め付けるのではなく、いぼの切除を考えているのであれば、病院へ治療を受けに行くべきでしょう。