あれ?こんなところに?気になるいぼの切除方法を紹介

診療科と治療法

顔に触れる女性

一般的にいぼ切除は美容皮膚科もしくは美容外科で治療してもらうことが可能です。またいぼ切除はレーザー治療になります。具体的には炭酸ガスを活用したCO2レーザーをいぼ切除に対して活用するのが一般的でしょう。炭酸ガスレーザーを皮膚に照射するといぼの細胞の中の水分と反応することによってまずは熱エネルギーが発生します。その発生した熱が瞬間的に挑発することに伴って皮膚が削取られいぼ切除ができるという仕組みになっています。炭酸ガスレーザーというものは削るレーザーであるため、そのものは照射すると、人はよりますが、麻酔の注射をしてからいぼ切除していくので痛みなどもほとんど感じることなくいぼ切除ができ、出血やいぼ切除した後の痛みなどもほとんど無いのです。この炭酸ガスレーザーでいぼの切除したところはかすり傷のような状態になるのですが1週間ほど軟膏を塗って遮光テープを貼ることによっていぼの切除したところはきれいに治り傷痕などの残りません。このような炭酸ガスレーザーによるいぼの切除のメリットとデメリットですがレーザーによっていぼ切除する場合には切除痕が残りにくく、再発がしにくいというメリットがあるのですが、保険適用されないためいぼの切除費用が高くなるというものがデメリットでしょう。このいぼ切除費用の目安は1mm当たり概ね1000円から5,00円とクリニックによってその料金にはかなり幅があります。また皮膚科でもいぼ切除は可能です。この場合、液体窒素で初切除することになります。-196度の液体窒素を使って綿棒のようなものの先を凍らせていぼに押し付けることによっていぼ切除できるのです。簡単に言えば、低温火傷を起こさせて焼き切るといった方法になるわけです。この方法でのいぼ切除は麻酔を使わないので、強い痛みを感じる人が多いのです。液体窒素は皮膚の表面を焼き切る使用方法であるためいぼの原因であるウィルスが皮膚の奥深くにいた場合には数回のいぼ切除治療が必要になります。また、治療した後は傷口から細菌などが入り込み感染しないようにきちんとアフターケアすることが必要になります。また、このようないぼ切除治療後は火傷を起こした状態でもあるため、水ぶくれのような状態になるため、ヒリヒリとした痛みが2日か3日続くこともあります。2.3日であれば問題ありませんが、長く続くようであれば主治医に相談しましょう。費用や治療法をしっかり理解して、病院を選びましょう。特に痛みに弱いという人には美容皮膚科や美容外科を推奨します。痛みを麻酔で緩和できますよ。また、美容皮膚科や美容外科の場合は、見た目の治療にも気を配っていますので、いぼを切除した後の傷も少なくて済みます。予算が許すのであれば、美容皮膚科や美容外科で診療した方が安心ですよ。